取り戻そう、私たちの未来と希望

そうだ!
投票に行こう!
取り戻そう、私たちの未来と希望

日本が売られる? おしゃべりカフェ
日本が売られる?
おしゃべりカフェ

日本が売られる?
おしゃべりカフェ

日本が売られる
日本が売られる?

小さな「おしゃべりカフェ」を
あなたも開いてみませんか?

三つ折りリーフレットPDFのダウンロード

日本が売られる? おしゃべりカフェ

PDFをダウンロードして印刷してお使いください。

衆議院解散!

解散の意味がわからない、という方が多いと思います。

しかしこの解散の本質をしっかり見る必要があるのではないでしょうか?

今、戦後70年を経て大きな変化が起ころうとしています。

安倍政権に任せてしまうと、戦前それも大恐慌後の悲惨な時代に戻ろうとしているかのようです。

戦争へ向かうような政党は絶対に選ばない、という市民の選択が大事だと思います。

20141126_01

20141126_02

 

9.23さようなら原発9.23大集会に参加!

デング熱のために代々木公園から亀戸公園に場所を移して開催された脱原発の大集会。

1万6千人が集まりました。

PeaceUp九条可視化の会も横断幕を持って参加、チラシ1500枚を配り、横断幕の下でお昼をいただきました。

一会員がその様子をコラージュしました。

 

さようなら原発9.23大集会
さようなら原発9.23大集会

2015年のノーベル平和賞へ向けて再出発!

2014年度ノーベル平和賞はマララ・ユスフザイさんとカイラシュ・サトヤルティさんに決定!

来年に向けて再出発します「憲法九条を保持する日本国民にノーベル平和賞を!」。

「ピースアップ九条可視化の会」は、「憲法九条にノーベル平和賞を!実行委員会」を全面的に応援します!

配布チラシ
配布チラシ

100万署名に向けて全国に平和を望む市民の輪を広げてください!

署名用紙
署名用紙

「憲法9条にノーベル平和賞を」の取り組みがマラヤWWⅡ歴史研究会より、第一回「アジア平和賞」を受賞いたしました。

ピースアップ九条可視化の会が協力している

憲法9条にノーベル平和賞を」の取り組みが、マラヤWWⅡ歴史研究会より、第一回「アジア平和賞」を受賞いたしました。

「憲法9条にノーベル平和賞を」のWEBより引用

2014年8月15日に、受賞対象を「日本国憲法を67年以上もの間堅持し続けている日本のすべての人々」とした上で、具体的に「憲法9条にノーベル平和賞を」の取組がマレーシアのマラヤWWII歴史研究会の皆様より第一回 「アジア平和賞」を受賞いたしました

●日本語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/1bNX7Hb
●英語版ネット署名  ⇒ http://chn.ge/1bU0pay
●韓国語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/SX9NHa
●中国語ネット署名  ⇒ http://chn.ge/1kRuUIJ

どうか、引き続き、世界中に戦争しない憲法9条を掲げ、平和と友好の輪を広めてください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

平和への願いと感謝を込めて
「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会

ネット署名への協力をお願いいたします。

”日本国憲法、特に第9条、を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください”

peaceup9.orgは、下記の署名運動に協力しています。

世界各国に平和憲法を広めるために、日本国憲法、特に第9条、を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください please award the Nobel Peace Prize to the Japanese citizens have maintained the Constitution of Japan, Article 9 in particular.

●日本語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/1bNX7Hb
●英語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/1bU0pay
●韓国語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/SX9NHa

発信者

「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会 Executive Committee for “The Nobel Peace Prize for Article 9 of the Japanese Constitution”

2014/06/30 官邸前で抗議デモに参加しました。

2014/06/30 官邸前で抗議デモに参加しました。

総理官邸前に於いて、抗議デモを行いました。

官邸前にて
官邸前にて

「憲法9条にノーベル平和賞を」ののぼり旗を持って抗議行動を行いました。

のぼり旗をもって抗議
のぼり旗をもって抗議

テレビニュースによりますと、おおよそ4万人以上が官邸前に集まっているそうです。

 

 

 

想像してみましょう、アッチにコッチに翻っているピンクののぼり旗~「9条にノーベル平和賞を」~

始めまして!私たちは“9条をみんなに見えるようにする”為に「Peace Up9条可視化の会」を立ち上げました。

今年1月3日に東京新聞でこの署名を知り、オ―これこそ9条を世界中に知らせようという私たちの趣旨にピタリ!だ、更にこれは改憲阻止できる大きな力になるだろう、「チャンスはいまデショ!」の思いで、即実行委員会と鷹巣さんに連絡させて頂きました。各方面の知人達への手紙作戦、のぼり旗作成、のぼり旗を掲げて署名活動のハジマリ~と相成りました。

のぼり旗(写真)の思わぬ効果続出です。

この数カ月間、実際にのぼり旗そのものがアピールしてくれています。

例えば署名行動の時、のぼり旗を見て「署名します」「署名用紙を下さい」と近づいてきてくれる人達、家の前ののぼり旗を見て「9条にノーベル平和賞か」「エッ、ノーベル平和賞ッテ、それなあに?9条ッテなあに?」etcが結構頻繁に聞こえてきます。

また、若者たちが近寄って旗をわざわざ見て行ったり、そしていつもは簡単には話しだせない「憲法や9条」のことを話せたり、、。

静かに進められる改憲阻止への大きな働きをしてくれています。
アイキャッチする「ピンクののぼり旗」。

あなたも使って署名集めなど大々的にトライしてみませんか?

1)武力で平和を作った国がありますか? 教えてほしい。
2)自衛隊は「専守防衛」に徹していたから、かろうじて9条(戦争放棄・戦力不保持・交戦権の否認)があっても合憲とされてきました。
3)日本は、第2次大戦敗北後この70年間「非戦という信用力」を培い続け信頼されてきていました。
9条は理想でなく、日本の現実:非戦を担保しています。これこそ、普通の国は持ちえない貴重な宝、全くのリアリズム、リアリティーです。

「Peace Up9条可視化の会」相沢緑