政権交代をイメージしましょう!

この2年近くのあいだ、自公政権はコロナ対策に何をしましたか?

病床を増やせずに感染者を自宅療養させ、医療を受けられずに亡くなる方が続出しました。文明国として、考えられないことです。

安倍・菅政権は集団的自衛権行使容認を閣議決定し、安保法制(戦争法)を作ってアメリカ軍と協働で戦争のできる国にしてしまいました。さらにイギリス・インド・オーストラリアなどと合同軍事演習して、危ない橋を渡ろうとしています。南西諸島にミサイル基地を作り、台湾有事などとあおって中国との友好関係を崩そうとしています。

気候が激しく変動し、異常高温が続き、洪水や土砂崩れが頻発する事態に的確な手を打とうとせず、再生可能エネルギーも技術がありながら力を入れていません。

このような政党に権力を持たせていては、私たちのいのちと暮らしが危ない!

一人一人の人生が踏みにじられる危機です。

政権交代をイメージしましょう!

新しい日本を作って、国民本位の政治にしていきましょう!

以下は「核兵器禁止条約」批准のために特化した内閣案です。

政権交代をイメージしましょう!
政権交代をイメージしましょう!

(カッコ内は外部のご意見

ピースアップ九条可視化の会  連絡先 長友090-4960-4676

ピースアップ九条可視化の会が 山本太郎を「総理大臣」に推す理由

みなさま

長々と続いた総裁選のあと、たった12日間の選挙期間で衆議院議員が決まろうとしています。
岸田内閣の大臣たちがどんな人で何をしようとしているのか、市民は全くと言っていいほど知りません。

そこで、国民が望んでいる内閣とはどういうものか、ということを示したいと「ピースアップ九条可視化の会」はシャドウキャビネット案を作りました。
「核兵器禁止の批准」に特化した内閣です。
その特命大臣に、アメリカにも中国にも人脈があると思われる田中真紀子を登用しました。
米中をはじめ、核保有国が批准しなければ真の意味の「発効」にならないと思うからです。

ところが「枝野でも志位でもなくなぜ山本太郎を総理大臣にするんだ?」という疑問が寄せられました。
そこで添付のように「ピースアップ九条可視化の会が山本太郎を総理大臣に推す理由」という文章を作りました。

お目を通していただければ幸いです。

ピースアップ九条可視化の会が山本太郎を総理大臣に推す理由

「シャドウキャビネットづくり」をしてみました。

この1か月余り、テレビは自民党総裁選に乗っ取られた状態です。岸田文雄氏が総裁に選ばれましたが、人事は安倍・麻生の背後霊がしっかり取り付き、岸田には人事権がないとまで言われています。こんな内閣でいいのか、閣僚が次々決まっている今こそ、野党の存在感を印象付けなければ、と思います。

そこで、ピースアップ九条可視化の会では「シャドウキャビネットづくり」をしてみました。添付は「核兵器禁止条約批准」に特化した案です。

この他にも「護憲のためのシャドウキャビネット」とか「女性活躍のシャドウキャビネット」とか、いろんな目的に沿った案が考えられると思います。

ぜひみなさまもシャドウキャビネットで理想の内閣を作ってみてください。よろしくお願いします。

シャドーキャビネット
シャドーキャビネット

取り戻そう、私たちの未来と希望

そうだ!
投票に行こう!
取り戻そう、私たちの未来と希望

日本が売られる? おしゃべりカフェ
日本が売られる?
おしゃべりカフェ

日本が売られる?
おしゃべりカフェ

日本が売られる
日本が売られる?

小さな「おしゃべりカフェ」を
あなたも開いてみませんか?

三つ折りリーフレットPDFのダウンロード

日本が売られる? おしゃべりカフェ

PDFをダウンロードして印刷してお使いください。

衆議院解散!

解散の意味がわからない、という方が多いと思います。

しかしこの解散の本質をしっかり見る必要があるのではないでしょうか?

今、戦後70年を経て大きな変化が起ころうとしています。

安倍政権に任せてしまうと、戦前それも大恐慌後の悲惨な時代に戻ろうとしているかのようです。

戦争へ向かうような政党は絶対に選ばない、という市民の選択が大事だと思います。

20141126_01

20141126_02

 

9.23さようなら原発9.23大集会に参加!

デング熱のために代々木公園から亀戸公園に場所を移して開催された脱原発の大集会。

1万6千人が集まりました。

PeaceUp九条可視化の会も横断幕を持って参加、チラシ1500枚を配り、横断幕の下でお昼をいただきました。

一会員がその様子をコラージュしました。

 

さようなら原発9.23大集会
さようなら原発9.23大集会

2015年のノーベル平和賞へ向けて再出発!

2014年度ノーベル平和賞はマララ・ユスフザイさんとカイラシュ・サトヤルティさんに決定!

来年に向けて再出発します「憲法九条を保持する日本国民にノーベル平和賞を!」。

「ピースアップ九条可視化の会」は、「憲法九条にノーベル平和賞を!実行委員会」を全面的に応援します!

配布チラシ
配布チラシ

100万署名に向けて全国に平和を望む市民の輪を広げてください!

署名用紙
署名用紙

「憲法9条にノーベル平和賞を」の取り組みがマラヤWWⅡ歴史研究会より、第一回「アジア平和賞」を受賞いたしました。

ピースアップ九条可視化の会が協力している

憲法9条にノーベル平和賞を」の取り組みが、マラヤWWⅡ歴史研究会より、第一回「アジア平和賞」を受賞いたしました。

「憲法9条にノーベル平和賞を」のWEBより引用

2014年8月15日に、受賞対象を「日本国憲法を67年以上もの間堅持し続けている日本のすべての人々」とした上で、具体的に「憲法9条にノーベル平和賞を」の取組がマレーシアのマラヤWWII歴史研究会の皆様より第一回 「アジア平和賞」を受賞いたしました

●日本語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/1bNX7Hb
●英語版ネット署名  ⇒ http://chn.ge/1bU0pay
●韓国語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/SX9NHa
●中国語ネット署名  ⇒ http://chn.ge/1kRuUIJ

どうか、引き続き、世界中に戦争しない憲法9条を掲げ、平和と友好の輪を広めてください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

平和への願いと感謝を込めて
「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会

ネット署名への協力をお願いいたします。

”日本国憲法、特に第9条、を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください”

peaceup9.orgは、下記の署名運動に協力しています。

世界各国に平和憲法を広めるために、日本国憲法、特に第9条、を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください please award the Nobel Peace Prize to the Japanese citizens have maintained the Constitution of Japan, Article 9 in particular.

●日本語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/1bNX7Hb
●英語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/1bU0pay
●韓国語版ネット署名 ⇒ http://chn.ge/SX9NHa

発信者

「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会 Executive Committee for “The Nobel Peace Prize for Article 9 of the Japanese Constitution”